デスバレー国立公園のご紹介

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も暑く、最も乾燥した地域で、海抜0m以下の地点を含んでいます。(海抜下86メートル)。総面積は13,158平方キロメートルあります。
デスバレー (Death Valley 死の谷) という地名は、ゴールドラッシュさなかカリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとしてこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした際に「Goodbye Death Valleyさらば、死の谷」と言ったということから付けられたそうです。その過酷な気象条件がつくりあげたアメリカが誇る大自然美をお楽しみください。

行き方

ラスベガスからは2通りのルートがありますが、ストリップ周辺からだと行きやすいI15線とNV160を利用。

I15サウス、南向けに走り出口33番で降りNV160に入り、パランプまで行きそこでガソリン補給と休憩。

NW160に戻りしばらく走り、Bell Vista Avを左折し走行するとCA127に当たり右折し、CA190を左折し走るとフォーニスクリークビジターセンターに到着です。約2時間20分程(131KM)の距離です。


PAGE TOP